MENU
マンガ

漫画「警部補ダイマジン」4巻を読みました!最後に台場が禁断の一言を

警部補ダイマジン4巻の感想

「警部補ダイマジン」4巻を読みました!
3巻では、クロコーチの話が登場。

4巻に出てくるのか?と思ったのですが、クロコーチは登場せずでした。

ただ、44の刺客との戦いは見事。

最後の最後に主人公の台場陣が、言ってはならない一言を言います。

今回も読みごたえがありますね。

「警部補ダイマジン」4巻のあらすじ

警部補ダイマジン4巻の表

公安出身者の「土日の老人」の指示で、謎の秘密結社「44」が特命班の台場陣抹殺命令を出します。

44が送り込んできた刺客は、占部(うらべ)。
隊長と慕われる彼は、標的一人を消すためなら百人平気で殺す策士。

仕留めるためなら、標的の親族、恋人、同僚など、つながりのある人なら平気で殺せる男。

占部は、警察内部の協力者の力を得て、台場の心を折る作戦に出ます。

彼は、台場の親族、元嫁、そして、冤罪被害者などを使い、台場を窮地に追いやります。

「警部補ダイマジン」4巻の見どころ

警部補ダイマジン4巻の裏

警部補ダイマジン4巻の見どころは、44の刺客である占部と台場の戦い、占部の隣国情報、そして、衝撃のラストです。

占部と台場の戦い

占部と台場との戦いは心理戦です。

最初、台場たち特命班は、44の裏をかき、44の標的を救います。

ただ、これが原因で、最凶最悪の44の刺客占部に狙われることになります。

占部の標的を狙う手法は、人として最悪なもの。

直接、武力で標的を殺すことも狙いますが、それでだめなら標的の周りを狙います。

占部の最初の標的となるのは、総理に批判的なジャーナリストの磯野。

一時は、台場に助けられた磯野ですが、占部に、自分の父親を交通事故に見せかけて殺され、妹や甥を殺すと脅され、変死体となります。

この手法で、台場を陥れようとする様、そして、対抗する台場の様子がいいですね。

占部隊長の隣国情報

44の刺客、占部隊長は、一番近い国の出張から帰ってきました。

その国の情報として、興味深い話をします。

この漫画では、おなじみのリアルなフェイクてやつです。

部下は言います。

「あの国は反日運動が大変でしょう?我が国に深い陰謀でも考えているんでしょうか?」と、

占部は答えます。

「それを確かめにいったんだが、陰謀も計画もないいきあたりばったりの政府だった」

と、

それから、一番近い国の情報をしゃべるんですが、それがネトウヨ系の人にはうれしい内容です。

原作のリチャード・ウーさんは、こういう話が好きですね。

たぶんフェイクですが、当たっているかもと思わせる内容です。

追い込まれた台場が口にするひと言

今回のびっくりする見どころが、4巻のラストです。

占部に追い込まれた台場は、最後、ある人を守るため、とんでもないひと言を口にします。

それ言っちゃうと、警部補ダイマジンの大事なところが崩れるのでは?みたいなところです。

結構、びっくりするひと言です。

「警部補ダイマジン」4巻の感想

「警部補ダイマジン」4巻の感想ですが、今回も興味深い巻です。

3巻に黒河内の話題が出たので、登場するのか?と思ったのですが、登場はなく・・・

ただ、占部隊長と台場の戦いは見事ですね。

刺客というと、凄腕の殺し屋のようなイメージがありますが、
占部のように、権力やメディアを使って、標的を追い込むのが、もしかしたら今は主流かもと思います。

最近の森友関連のニュースもちょっとかぶるところがあります。

占部との戦いがどれくらい続くのか分かりませんが、面白いです。

あと、衝撃のラストを受けて、5巻が楽しみ、2020年6月発売予定なので、結構すぐにでますね。

予約をしておきたいところです。

これから読む方はこちら
コミックなら715円のところ、電子書籍は660円
↓↓↓

created by Rinker
¥660
(2020/10/20 04:54:58時点 Amazon調べ-詳細)

初めての電子書籍は、yahooがやってるebook japan
paypay払いができて、週末なら週末クーポンで15%OFF
↓↓↓
ebook japanはこちら

 

「警部補ダイマジン」4巻の試し読み

警部補ダイマジン4巻の試し読みですが、まんが王国が一番多く見れます。

最初の15ページの試し読みができるので、気になる方は、こちらから