マンガ

5分後の世界6巻の感想※次が最終巻

5分後の世界6巻

週刊少年サンデーでやっている「5分後の世界」を読みました。

少年マンガなのに、設定が面白く楽しんでいた漫画ですが、まさかの次の7巻が最終巻です。

6巻では、クライマックス的な内容で、仏像の秘密も見えてきました。

また、意味深なカバー裏もあって・・・

7巻は11月頃発売とのことなので、近々ですが、楽しみ。

6巻の感想を書きます。

5分後の世界6巻のあらすじ

5分後の世界6巻、背表紙

5分後の世界6巻のあらすじは、こんな感じです。

宝冠阿弥陀、アジト強襲。

枷から解き放たれた仏像達の猛攻を、大和達は退けた。
状況は絶望的。希望はまだない。

それでも・・・
一行は未来を変える覚悟を新たに団結する。
だがその矢先、アジトを宝冠阿弥陀が襲撃。
その背後には未曾有の眷属共。
かつてない包囲網を突破するため、一行は生き残るための戦いに臨み・・・

思い出せ。
この世界の残酷さを。
(引用:5分後の世界、背表紙より引用)

5分後の世界6巻の感想※少しネタバレします

5分後の世界6巻、表紙

5分後の世界6巻の感想です。

黒い帯に赤い文字の「じゃあね」がとても意味深のこの巻。

とにかく、逃げて逃げて逃げまくる内容です。

主人公たちのO・G(オド・ジーニアス)は、強くはなっていますが、
仏像の圧倒的な数になすすべもありません。

クライマックスが近づく巻ですので、一人また一人と仲間は倒れていきます。

まさか、時間で最終とは思わなかったので、この展開の速さにびっくりしてしまいました。

とにかく、後がない、ほぼノープランのなか、主人公の大和は、自分の指名を遂行します。

そう、5分前の世界に戻るのです。

タイムリープものなので、ここで1巻の最初に戻り、もう一度やりなおすわけですが、
まさかのタイムリープのアイテムをくれた相手がやつで・・・という感じです。

仏像が人間を襲う理由は、まったくわからないままですが、
たぶん、こうなって原因は人間側にあるような気がします。

タイムリープものなので、7巻では、また戻るでしょう。

ループが続いていて、そのループを断ち切る、エージェントオブシールドのシーズン5みたいな感じかな?と勝手に思っているのですが、どうでしょうか?

カバー裏が意味深

5分後の世界6巻、カバー裏
6巻で始めてきづいたのですが、カバー裏に漫画が載っています。
マッド・サイエンティストの七々扇遊馬がメインです。

内容は、天才のわたしなのに、世間は認めてくれないという話で、
最後の言葉が、

見ていろ凡人ども!
私こそが世界を変えるのだ!

です。

他の巻にもあったのかな?と思って調べると・・・

全部あるんですね。

しかし、クライマックスを前にこの内容だと、
こいつが何かをやらかしたのかな?って思ってしまいますね。

まとめ

作者の福田宏さんは、ムシブギョー書いていた方です。

これほど、面白いストーリーが作れる方とは思ってもみませんでした。

ただ、大事なのは、ラストです。

タイムリープもの、タイムトラベルものは、最後が大事。

ちゃんと納得させてくれるのか、そこが楽しみです。

仏像がなぜ、人間を襲うのか?なぜ枷をつけられているのか?

とにかく、7巻を買おうと思っている時点で、作者の術中にはまっています。

納得のいく終わりになるのか、とにかく、7巻は絶対買います。
11月18日発売予定なんですね!

RELATED POST