PC・スマホ・ガジェット

2.5Gbps/5Gbpsの有線LANアダプタ※USBでノートPCで使える!

LANケーブル

USB接続でノートPCでも使えて、2.5Gbps以上の速度が出る有線LANアダプタの紹介です。

USB接続できる有線LANアダプタは、探せばありますが、
マルチギガビットイーサネット(1Gbpsを超える速度)に対応する商品は少数です。

今回は、eo光・NURO光・au光などの5ギガや10ギガの超高速回線でも使える2.5Gbps、5Gbps対応のUSB接続できる有線LANアダプタを紹介します。

2.5Gbps/5GbpsのUSB接続できる有線LANアダプタが必要な理由

2.5Gbps/5GbpsのUSB接続できる有線LANアダプタが必要な理由は、インターネットの超高速回線に対応するためです。

わたしはeo光の10ギガコースに入っています。

ただ、光回線のスピードは速くなりましたが、実測500Mbps程度で、超高速は実感できていません。

回線のスピードが上がらない理由は、パソコン側の問題です。

わたしが使っているノートPCはLENOVOのThinkPadX270です。

Core i7でSSD256GBの高性能なパソコンですが、10ギガの速さを体感するには、ネットワークの性能が足りません。

そこで、ノートPCでも早さを実感するため、無線LANアダプタか有線LANアダプタの性能を上げることを考えました。

無線LANアダプタの性能アップ!最大1.3Gbps

まず、無線LANアダプタの性能アップです。
無線LANの規格で一番速いのは、IEEE802.11ax(Wi-fi6)です。

ただ、USB接続の無線LAN子機で、Wi-Fi6に対応している商品はありません。

そこで、考えられるのが、規格として2番目に速いIEEE802.11ac対応の無線LANアダプタです。

11acの最大通信速度は、規格上最大6.9Gbpsです。

ただ、規格上の速さであって、実際はそんなに早くありません。

商品として、一番速いのはTP-LinkのArcher T9UHで、1300Mbps(1.3Gbps)。

現状、無線LANアダプタなら、このスピードが最速です。

有線LANなら最大10Gbps超えも可能

有線LANなら10Gbps超えも可能です。

USB接続の有線LANアダプタなら、2.5Gbps、5Gbps、10Gbpsに対応する商品があります。

まず1Gbpsの有線LANアダプタなら、1400円程度で購入できます。

2.5Gbps以上の商品は値段が高くなります。

2.5Gbpsで4000円程度、5Gbpsのものは1万4000円、10Gbpsのものは2万5000円です。

インターネット回線の超高速を実感するなら、これらの商品が必要になります。

USB接続できる有線LANアダプタ(2.5Gbps対応)

2.5Gbpsの速度で、USB接続できる有線LANアダプタには下記の商品があります。

プラネックスコミュニケーションズ マルチギガビット有線LANアダプター USB-LAN2500R

プラネックスコミュニケーションズ USB-LAN2500R、マルチギガビットというブランド名で発売されています。
かなり早くから発売されている老舗の商品。
値段も3709円とお手頃です。(2020/6/27調べ)

メーカーの公式サイトはこちら
https://www.planex.co.jp/products/usb-lan2500r/

Plugable USBC-E2500 有線イーサネットアダプター 2.5Gbps ネットワーク対応

Plugableというメーカーの2.5Gbps対応の有線LANアダプターです。

メリットは、普通のUSB3.0(Type-A)とType-Cの両方対応というところ。

両方対応でも、価格は3980円(2020/4/17調べ)と抑えめです。

amazonのレビューがあり、星5が2つ、星2が1つと良い感じ。

英語のレビューですが、星2の内容は、パソコンのCPUが遅いので速度が出なかったという内容なので、この製品の文句ではありません。

Realtekのチップセットも使ってますし、問題なさそうです。

メーカーの公式サイトはこちら
https://plugable.com/ja/ja-products/usbc-e2500/

UGREEN USB C LAN アダプター USB Type C to RJ45(Type-C専用)

香港のUGREENというメーカーからも2.5Gbpsの有線LANアダプターがあります。

Type-C対応の有線LANアダプターで、2.5Gbps対応。
値段が3199円と安いところが良いですね。(2020/6/27調べ)

Type-C対応なので、MacBook、iPad Pro、Dell、Lenovo、HP XPSなどのthunderboltに対応したPCでも使えます。

プラネックスよりも安いので、価格重視ならこの製品ですね。

Club3D USB 3.2 Gen1 Type A to RJ45 2.5Gb(Type-C専用)

Club3Dからも2.5Gbpsの有線LANアダプターがあります。
Club3Dは、オランダの周辺機器メーカーです。

Club3DのLANアダプタのメリットは、Type-Cにも対応すること。
USB3.0ポートがなくType-Cのみという人はこちらも良いかもしれません。

USB3.0のType-AでAmazonで5,800円、Type-Cが6,100円です。(2020/6/27調べ)

ただ、Amazonのレビューを見ると、ドライバが8cmのCD-ROMで提供されるとのこと。
CD-ROMなしのノートPCの私にはきつそうです。

メーカーの公式サイトはこちら
https://www.club-3d.com/en/detail/2467/usb_3.2_gen1_type_a_to_rj45_2.5gbps/

BUFFALO 有線LANアダプター チタニウムブラック 2.5GbE対応 USB 3.1 (Gen1)

最近発売されたのがバッファローの有線LANアダプタです。
値段は6,300円と、他と比べて高いのですが、メーカーブランド的には、安心感があります。(2020/6/27調べ)

メーカーの公式サイトはこちら
https://www.buffalo.jp/product/detail/lua-u3-a2g.html

USB接続できる有線LANアダプタ(5Gbps対応)

5GbpsでUSB接続できるLANアダプタは下記です。

プラネックス マルチギガビット有線LANアダプター USBC-LAN5000R※USB Type-C対応

プラネックスから5Gbps対応のLANアダプターが発売となりました。

マルチギガビットの有線LANの5Gbps対応版、USBバスパワーで、USB Type-C対応です。

対応機種は
・USB 3.1 Gen1 Type-Cコネクタを搭載したWindows PC
・USB 3.1 Gen1 Type-Cコネクタを搭載したMacBook/MacBook Air/MacBook Pro/iMac/iMac Pro/Mac mini
・iPad Pro
※Nintendo Switchには非対応です。

メーカーの公式サイトはこちら
https://www.planex.co.jp/products/usbc-lan5000r/

QNAP USB 3.0 to 5GbEアダプター QNA-UC5G1T

希少なUSB接続できる5GbpsのLANアダプターがQNAPから発売されています。

QNAPは業務用も含めた高速のNASを作っているメーカーで、信頼度はあります。

メーカーの公式サイトはこちら
https://www.qnap.com/ja-jp/product/qna-uc5g1t

USB接続できる有線LANアダプタ(10Gbps対応)

10Gbpsで接続できる有線LANアダプターは5Gbpsですが2つあります。

10Gbps対応となるので、USB3.0では最大5Gbpsの通信速度なので、
最大10Gbps対応のType-CのThunderboltを使用する商品となっています。

ですので、Type-Cに対応するパソコンが必須です。

ちなみに、Nintendo Switchには、Type-Cポートがありますが、爆速になるんですかね?

QNAP Thunderbolt 3 to 10GbEアダプター QNA-T310G1T

5Gbpsで紹介したQNAPの10Gbpsバージョンです。
10Gbpsで接続するので、USB3.0ポートではなく、高速なThunderbolt3 Type-Cで接続します。

Amazonでは、SFP+アダプターの製品もありますが、こちらはNAS用なので、QNA-T310G1Tを選びましょう。

価格は、Amazonで30,015円です。(2020/6/27調べ)

メーカー公式サイトはこちら
https://www.qnap.com/ja-jp/product/qna-tb-10gbe

OWC Thunderbolt 3 10G Ethernet Adapter

OWCからも10Gbps対応のUSB接続の有線LANアダプターが出ています。

こちらも高速のType-CのThunderbolt3を使って接続するタイプ。

QNAPより安くamazonで25,300円です。(2020/6/27)

メーカー公式サイトはこちら
https://www.owcdigital.com/products/thunderbolt-3-10g-ethernet-adapter

GIGAZINさんにレビューもあります。
USBでノートPCに爆速10Gbpsをつなげる「OWC Thunderbolt 3 10G Ethernet Adapter」レビュー

2.5Gbps以上ならLANケーブルはカテゴリー6Aを!

2.5Gbps以上のLANアダプターを使うのであれば、LANケーブルにも注意しましょう。

LANケーブルにもスピードがあり、普通のLANケーブルでは、速度が制限されます。

2.5Gbps以上に対応するLANケーブルは、カテゴリー6A(CAT6A)のものです。

少し、値段は高くなりますが、LANケーブルにも注意が必要です。

まとめ

USB接続できる高速のLANアダプターを紹介しました。

2.5Gbps対応のものから、最大10Gbpsのものまで紹介しています。

10Gbpsになると、2万超えなので、手が出しづらくなりますが、速度を体験してみたい気もします。

今後、インターネットの回線も高速が進めば、これらの商品の値段も下がってくると思うので、待ってもいいかもしれません。

来年あたり、スマホの回線も5G対応が増え、無線LANの方も進化しそうです。
iPhone11から11axに対応しているので、自宅のWi-Fiでは1Gbps超えも可能かもしれません。

ただ、今のところは、スピードを求めるなら有線LANです。

もともとeo光の10ギガコースも自作PCに10Gbps対応のネットワークカードをつけたものを想定しています。

ascii.jpにeo光の10ギガコースの記事がありますが、そこでは8Gbpsくらいのスピードが出ています。
ASCII.jp×デジタル:関西在住者必見「10ギガ」の「eo光」はどのくらい速い?

わたしも2.5Gbpsの有線LANを試してみようと思っています。

RELATED POST