映画・ドラマ・動画

映画「タイム・マシン 80万年後の世界へ」1959年版を見ました

映画「タイムマシーン」1959を見ました

1959年版の映画「タイムマシン 80万年後の世界へ」を見ました。

見ようと思った理由は、うちの次男。

昔の映画好きで、「宇宙大怪獣ギララ」「ガンマー第3号宇宙大作戦」「吸血鬼ゴケミドロ」「昆虫大戦争」など東映の特撮ものや、洋画では、「キングコング」(1933年版)、「海底2万マイル」(1954年版)なども見ています。

タイムマシンは、講談社 青い鳥文庫の小説を読んで、見ようと思ったみたい。
[amazon_link asins=’B07T1YHJTS’ template=’CopyOf-ProductAd’ store=’jornadablog-22′ marketplace=’JP’ link_id=’fa8c28d0-4909-4c62-9af3-1b6de0cfc7b5′]

一緒にしっかり見ていたわけではないのですが、設定の斬新さにはまりました。

タイムスリップものは、バックトゥザフューチャー、ターミネーターなど良い映画がありますが、
その元祖ともいえる1959年版のタイムマシンの感想を書きたいと思います。

映画「タイムマシン 80万年後の世界へ」のあらすじ

1959年の映画「タイムマシン 80万年後の世界へ」は、SF作家の元祖とも言えるHG・ウェルズの小説を再現したSF映画です。
HGウェルズは、「宇宙戦争」「透明人間」などの原作者でもあります。

舞台は1899年のロンドン。発明家のジョージは、タイムマシンを発明。
友人に紹介したあと、自ら乗り込み、時間旅行に出発します。
第一次世界大戦の1917年、ロンドンに原子爆弾が落とされる1966年に行った後、
原子爆弾の爆発から逃れるためたどり着いたのは、80万年後の世界。
その未来の世界は、ただ優雅に生きているだけのイーロイがいる桃源郷。

楽しく暮らしているように見えたものの、実際は、モーロックという地底人に支配されていました。
ジョージは、イーロイのウィーナという女性と仲良くなりますが、
ウィーナが地底に連れていかれたことで、彼女を助けるために地底へ。
そこで見たものは、驚きのモーロックの姿と目的で・・・

映画に描かれるタイムマシン

この映画に出てくるタイムマシンは、なかなか斬新です。
相対性理論の前の時代の話で、デジタルもない時代。

今のようなコンピューターもないので、ダイヤル式のタイムマシンです。

バックトゥザフューチャーの影響で、タイムマシンは車だったり、宇宙船のイメージがありますが、
この映画でのタイムマシンは、単なるマシン。

時代を進めると自分が動くのではなく、周りの景色がどんどん未来もしくは過去に代わっていきます。

自分は動かず、周りだけが変わる。
昔の技術でSFを表現するためのものだったのかもしれません。
いわゆるタイムマシンに慣らされた私にとっては、逆に新しく思いました。

80万年後の世界

タイムマシンという映画なので、どの時代に行くんだろうと思いましたが、まさかの80万年後でした。

今のタイムマシンものなら、近未来だったり、わかっている過去に行くのですが、
HG・ウェルズは、誰もが想像できない80万年後を選んだところがすごい発想です。

この映画、小説で描かれる80万年後は、高度に進んだ人類の世界ではなく、技術も文化もない自然の姿。
楽しく生きているが支配されているイーロイと、怪物のような姿だが支配者のモーロックという設定もなかなかです。

なぜ、そうなったかという設定も、1959年の時代に合ったもの。

わたしの息子が見ていた日本の同時代の特撮も、バッドエンドの話が多かったのですが、
東西冷戦の時代、世界的に行き着く先は、バッドエンドしかなかったんだと思います。

映画「タイムマシン 80万年後の世界へ」の感想

ちゃんと見たのは、後半の80万年後の未来に行った後からでしたが、
設定の斬新さに引き込まれました。

同じ時代の作品としては、猿の惑星に通じるような設定です。

最終的に、主人公のジョージがある選択をするのですが、その選択も今の時代なら、それでOKとなるのか?という感じです。

映画「タイムマシン」2002年版

わたしは後で知ったのですが、ガイ・ピアースが監督した2002年版のタイムマシンもあるようです。
amazonのレビューは7件しかないのですが、まさかのすべて星5つとかなり良作のようです。
[amazon_link asins=’B00UMB8HK2′ template=’CopyOf-ProductAd’ store=’jornadablog-22′ marketplace=’JP’ link_id=’6638c86d-f7ad-4d91-9fec-4fced21035e1′]

また、見て、レビューを書こうと思います。

タイムマシンをディカプリオがリメイクへ!

このタイムマシンですが、レオナルドディカプリオが製作の権利を握り、リメイクされるようです。

ディカプリオ&アンディ・ムスキエティ監督「タイムマシン」を再映画化
https://eiga.com/news/20181111/5/

監督は、「ITイット‟それが見えたらおわり”」でヒットを記録した監督のようです。
このアンディ・ムスキエティは、進撃の巨人のハリウッド実写化の権利も手に入れたとか・・・
タイムマシンをどんな風にリメイクするのか楽しみです。

まとめ

タイムトラベルの映画は、バックトゥザフューチャーをはじめとして良作が多く、
今になっても、タイムリープなど違う設定で、新しく映画がつくられています。

その中でも、「タイムマシン 80万年後の世界へ」は、タイムトラベルの元祖とも言える作品です。
特撮映像は、昔の設定ですが、その発想や考え方は、引き込まれます。

タイムトラベルものがお好きな方は、教科書とも言える作品なので、見てはいかがでしょうか?

[amazon_link asins=’B00W4JZL04′ template=’CopyOf-ProductAd’ store=’jornadablog-22′ marketplace=’JP’ link_id=’50e3bcf5-a38c-4dff-b526-daa276e569bd’]

RELATED POST