本ページはプロモーションが含まれています。
マンガ

カラオケ行こ(漫画)のあらすじと登場人物と感想※実写映画化、ヤクザと中学生のいびつなブロマンスコメディ

カラオケ行こ!のあらすじと登場人物と感想

2024年1月12日より、実写映画が公開されるのがカラオケ行こ!です。

アメトークやマンガ沼などのテレビ番組で、麒麟の川島さんがおすすめしていた漫画。

作者の和山やま先生の漫画としはて、女の園の星が有名ですが、最初に人気が出たのはこの作品かもしれません。

祭林組若頭補佐の成田狂児と、中学3年生で合唱部主将の岡聡実くんが、ひょんなことから出会い、カラオケに行く漫画です。

なんとも言えないストーリーの漫画ですが、とても楽しく、最後にちょっと心が温かくなるブロマンスコメディです。
※ブロマンスとは、男同士の友情漫画です。

カラオケ行こ!のあらすじ

合唱部部長として最後の大会で歌っていたのは岡聡美くん。

大会後、ヤクザに声をかけられます。

カラオケ行こ!

カラオケ天国と言う名のカラオケボックスに連れてこられた彼に、ヤクザは、よろぴくの挨拶とともに名刺を渡します。

そこには、四代目祭林組若頭補佐 成田狂児の名前が・・・。

狂児は、言います。

歌がうまくなるコツ教えてくれへん?

なんでも、組長がカラオケ好きで、年4回組総出のカラオケ大会が行われるとのこと。

そこで、一番下手な歌ヘタ王には、罰ゲームとして、組長の自らの手で趣味の悪い刺青が彫られるとか・・・。

ちなみに前々回の歌ヘタ王は、キティちゃんが嫌いとのことから、キティちゃんが彫られたとか・・・。

強引な狂児に、しぶしぶ歌のコーチを引き受けることになった岡君。

そこから、二人の奇妙な友情の物語が始まります。

カラオケ行この登場人物

カラオケ行こにメインで登場するのは、岡君、狂児の二人。

ほかに、岡君の家族、合唱部の友人、あと、祭林組の面々が登場します。

岡聡美

森丘中学校合唱部の部長の中学3年生。
真面目な性格も、ときどき毒舌を吐く。
誕生日は2005年4月1日、血液型はO型。

成田狂児

四代目祭林組若頭補佐。
昔から悪かったわけでなく、カラオケボックスでたまたま組長とあったことが縁でヤクザの道に。
誕生日は1980年5月5日、血液型はA型。
※二人のくわしいプロフィールは、単行本の最後にあります。

岡君の家族

父・晴美54歳、兄・正美20歳、ザ大阪のおばちゃんな母がいます。

合唱部

一緒にソプラノを歌う副部長の中川さんのほか、後輩の和田君などがいます。
※和田君は、カラオケ行こ!の続編、ファミレス行この番外編で驚きの姿で登場します。

祭林組の面々

カラオケ好きで絶対音感を持つと噂の組長。
キティちゃん恐怖症の人ほか、いろいろ。
あと、破門されたコカイン星の宇宙人もいます。

カラオケ行この感想

おとなしそうに見えて意外と毒舌な岡君

カラオケ行こ!のメインの主人公は岡聡美君です。

中学3年生合唱部なので、たぶん真面目に目立たず生きてきたんだと思います。

でも、成田狂児というモンスターに会ってしまった。

ただ、一方的にやられているようで、結構、毒舌で言い返しているのが岡君の面白いところです。

狂児に歌を教えているときにおかまいなしにチャーハン注文したり。

祭林組の面々の歌の審査をするときの毒舌も、なんかすごいです。

案外、肝が据わっているのが岡君、意外に、そっちの道に進むのかも・・・そんな気もしますね。

ガチヤクザなのに意外とやさしい狂児

岡君を歌のコーチに巻き込むのが成田狂児です。

序盤は、紅好きで、少しイケメンなヤクザに見えますが、後半、ガチヤクザってことが分かります。

ヤクザとしてやることはやる、でも、岡君にはとてもやさしいです。

狂児は39歳で、岡君は中学3年生なので、15歳。

親子ほど年が離れていますが、関係性は兄弟みたいな感じ。

強引に歌のコーチをさせた割には、岡君の将来をしっかり考えているのも狂児の良いところです。

なお、単行本の描き下ろしでは、狂児がなぜヤクザになったのか、カラオケにまつわる話が載ってます。

ゆるい序盤から怒涛のクライマックスなストーリー

組長から刺青を彫られるのを回避するために、ガチヤクザが歌のコーチを中学3年男子に頼むと言う、なんとも言えないゆるい設定から入る序盤。

でも、少しずつ、二人の距離感が近くなってきたところで、生死を分ける怒涛のクライマックスになります。

カラオケボックスにいるときは、兄弟のような感じですが、カラオケから外に出ると、狂児の世界はヤクザな世界。

そこに、足を踏み入れてしまった岡君には、やはり恐怖が待っています。

ただ、それでも、岡君は、狂児のことをちゃんと考えているところがエモイところです。

映画が公開されますが、クライマックスがどんな風になるか、そこが楽しみです。

映画「カラオケ行こ!」のあらすじと感想、とにかく「紅だぁぁぁ!」
映画「カラオケ行こ!」のあらすじと感想、とにかく「紅だぁぁぁ!」カラオケ行こ!の映画を見てきました。 原作漫画ファンのわたしも納得のデキ! とても良かったです。 実写映画「カラオケ行...

まとめ:映画が楽しみ

中3男子とヤクザの奇妙な友情が面白いこの漫画が、実写映画化されると聞いて、びっくりしました。
→映画「カラオケ行こ!」公式サイトはこちら

しかも、狂児役が綾野剛さん、脚本も「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」でおなじみの野木亜紀子さんで、楽しみです。

和山やまワールドがどんな風に表現されるかが、本当に楽しみです。

created by Rinker
¥755
(2024/03/01 04:56:14時点 Amazon調べ-詳細)

カラオケ行こ!の続きはファミレス行こ!

カラオケ行こ!には、続編もあります。

それはファミレス行こ!

カラオケ行こ!の最後、久しぶりにあった岡君と狂児は、東京に行く途中、空港で会います。

その後の話です。

ネタバレですが、岡君は、O田区K田のファミレスで働くことになります。

こちらも面白いので、カラオケ行こ!にハマった人はぜひ!

ファミレス行こ。の感想と登場人物
ファミレス行こ。の感想と登場人物※カラオケ行こ!の続編、第10話までレビュー和山やま先生の人気作品「カラオケ行こ!」の続編が、ファミレス行こ。です。 主人公は、カラオケ行こ!と同じく、岡聡美君。 中学...