PC・スマホ・ガジェット

11acはアンテナ数で速度が変わる※11acで最速のスピードを出す方法は?

アンテナ

速い無線LANの規格が、IEEE802.11acです。

新しくIEEE802.11axも出ていますが、対応する無線LANルーターや子機は、まだ高額で、市場に出回るにはもう少し時間がかかりそうです。

この11acですが、ルーターや子機により、速度が違います。

無線LANの速度は、アンテナ数で速度が変わるからです。

アンテナの本数が多ければ、速いのですが、そう単純ではありません。

具体的に、11acのアンテナ数と速度の違いについて説明します。

無線LANはアンテナの数と帯域幅で速度が決まる

無線LANの速度は、アンテナの数と帯域幅で速度が決まります。

無線LANには、IEEE802.11b/a/g/n/ac/axとありますが、帯域によりスピードが変わります。
簡単に言うと、帯域が大きくなれば、スピードが速くなるイメージです。

IEEE802 帯域 最大スピード
11b 22Mhz 11Mbps
11a 20Mhz 54Mbps
11g 20Mhz 54Mbps
11n 20Mhz 289Mbps
11n 40Mhz 600Mbps
11ac 80Mhz 3467Mbps
11ac 160Mhz 6933Mbps
11ax 160Mhz 9606Mbps

それぞれ最大速度を書きましたが、11acを使っているルーターにそもそも6.9GBの速度なんて書いてません。
上記の表は、あくまで最大の数値で、実際は、無線LANルーターまたは無線LAN子機に搭載されいているアンテナの数で、速度が違ってきます。

11acの帯域幅(HT80・HT160)とアンテナ数別の速度

具体的に11acのアンテナの数と速度の違いをまとめました。
下記の表をご覧ください。

アンテナ数 HT80
wave1 80MHz
HT160
wave2 160MHz
1X1 433.3Mbps 866.7Mbps
2X2 866.7Mbps 1733Mbps
3X3 1300Mbps 2600Mbps
4X4 1733Mbps 3467Mbps
8X8 3467Mbps 6933Mbps

帯域幅は、チャンネルを束ねて周波数幅を広げる技術です。
11nでは、40MHzまでしか使えませんでしたが、11acでは、HT80(wave1 80MHz)、HT160(wave2 160MHz)まで使用できます。
チャンネルが増えることで、速度も速くなります。

無線LANでは、アンテナ数のことをMIMO、ストリーム数とも言います。
アンテナ2本のデュアルアンテナであればMIMO(2X2)、アンテナ3本のトリプルアンテナであればMIMO(3X3)といった感じです。
最大4X4になります。

表の通りですが、11acは、MIMO(8X8)のHT160で、最大6,933Mbps(6.933Gbps)の速度になります。

帯域幅はHT80が主流で、HT160は少なくおすすめできない

帯域幅は、HT160の方が速度が高く、優れていますが、対応する無線LANも子機も少なく、現実的ではありません。

というのも、帯域幅は下位互換するので、HT80とHT160が混在していると、HT80の帯域幅に合わせるからです。

たとえば、HT160で2X2のアンテナで1733Mbpsの無線LANルーターと、HT80でアンテナ3X3で1300Mbpsの無線LAN子機の組み合わせでは、帯域幅はHT80、アンテナは2X2が選択されて、速度は866Mbpsになります。

HT160対応の無線LANルーターはありますが、HT160に対応する無線LAN子機やアダプターは、マウスコンピューターなどの組み立てパソコン等のオプションになります。

組み合わせ的に不利なので、帯域幅はHT80のものを選んだ方が無難です。

11acで最速のスピードを出す方法※最速のスピードは1733Mbps

11acで最速のスピードを出す方法ですが、結論としては、1733Mbps(HT80でアンテナ4X4)になります。

理論的には、最大約6.9Gbps出る11acですが、発売されている商品では、8本のアンテナの無線LANルーターや無線LAN子機が出ていないようです。

組み合わせとしては、HT80でアンテナ4X4の無線LANルーターと無線LAN子機で1733Mbpsが最大になります。

ただ無線LAN子機は自作PCなどに対応するネットワークカードには1733Mbpsの商品がありますが、USB接続する無線LAN子機は、トリプルアンテナの1300Mbpsの商品が最大になります。

RELATED POST