MENU
本ページはプロモーションが含まれています。
マンガ

「ドラハチ」のあらすじと感想※高卒ドラハチ捕手が入団1年目でシーズンMVPを目指す

「ドラハチ」のあらすじと感想

月刊少年マガジンで連載中の野球漫画が、ドラハチです。

高卒ドラフト8位のルーキーが入団1年目でシーズンMVPを目指すストーリー。

それも、入ったのは、万年最下位の球団。

野球を知っている人なら理解できる無理な状況。

そんな状況に、野球センスだけで挑みます。

ドラハチのあらすじ

主人公は、高卒ルーキーの黒金八郎です。

ドラフト8位で入団したカーボンズの会見で、ぶち上げます。

「僕は来年シーズンMVPになります」

普通に考えれば、無理な話。

けど、彼には理由がありました。

それは、幼馴染の土門鈴と結婚すること。

鈴は、カーボンズの名選手だった土門大也の娘。

しかも、高校生にして起業し成功している天才女子高生社長。

彼女が出した結婚の条件が、入団1年目でカーボンズの優勝とシーズンMVPを取ること。

ほぼほぼ無理なこの条件に、八郎が挑みます。

ドラハチの感想

無理な条件をくつがえす

ドラハチのみどころは、無理な条件をくつがえすことです。

野球を知っている人なら分かります。

高卒ドラフト8位のルーキー、それも捕手が、シーズンMVPを目指すことが無理なことが・・・。

ドラフト8位の時点で、期待されてはいません。

それに捕手と言うポジション。

捕手は、受けるピッチャーの配球、相手をする他球団のバッターのクセなどをすべて把握しないと務まりません。

時間がかかるポジションです。

高卒では開幕スタメンも難しい状況。

高校時代にホームランを量産したとかの肩書があれば、別ですが、八郎には何もありません。

ちなみに八郎もそれを分かっています。

それでも八郎はやります。

記者会見で、シーズンMVPになると発表して、アナウンサーは言いました。

イチローでも3年目の受賞で、前例がないと・・・。

でも、八郎は言います。

「球速160km」「二刀流」
プロ野球では前例がないことが次々と現実になっています。

「前例がない」は「できない」ではないんですよ

入った球団は、万年最下位のカーボンズ

八郎が入った球団はカーボンズ。

5年連続ぶっちぎりの最下位で、FAで良い選手はどんどん抜けて、誰も行きたくない球団です。

でも、カーボンズにも黄金時代がありました。

それが、八郎が結婚したい鈴のお義父さん、土門大也がいたころです。

漫画では、万年最下位だからこその現実もあります。

鈴は、強かったカーボンズが見たいと、自分の夢を八郎との結婚の条件にしました。

ちなみにシーズンMVPは、記者投票。

ほぼ優勝チームから選ばれます。

カーボンズから選ばれる可能性は、かなり低いです。

一番弱いチームの一番下位のドラハチの選手である八郎が、シーズンMVPという一番トップの評価を狙う。

プロ野球で一番評価の低い選手が、一番高い評価を得ることができるのか!

そこがポイントです。

野球センスで戦う

すごいことを成し遂げようとする黒金八郎ですが、才能がある選手には見えません。

身長174cm、体重68kg。

プロ野球として、普通以下の体形。

高校時代に、甲子園に出たわけでもありません。

そんな八郎の唯一の長所は、野球センスです。

試合でも発揮されますが、面白いのは、試合以外でも発揮されることです。

例えば、二軍キャンプの初日に行われることを知っていて・・・

新人ドラハチ捕手が開幕スタメンを勝ち取るには・・・など。

頭一つで戦う八郎が良いです。

野球を知っていればいるほど、八郎の考え方が面白いです。

まとめ※ワクワクするストーリー

ドラハチですが、とにかくワクワクします。

表紙にも出てくる眼鏡もしてる普通の高卒ルーキーですが、やることはとても大胆。

ちなみに、幼馴染との結婚の件ですが、5歳の時に、「お父さんみたいなプロ野球選手と結婚したい」と言われたから、プロ野球選手になり、鈴に言う前に、義父の大也に娘さんをくださいと言いにいってます。

八郎は、何するかわからない主人公。

でも、結構しっかりしてる面白さがあります。

連載も読んでいますが、開幕直前まで来ています。

万年最下位のカーボンズなので、チームメイトも曲者揃い。

でも、それを八郎は、うまく従えていきます。

プロ野球界の一番下の選手が、一番高い評価を得ることができるのか!

そこに期待です。