マンガ

賭ケグルイ 妄(みだり)1巻の感想※MがSを調教します

賭ケグルイ 妄(みだり)1巻の感想※MがSを調教する

賭ケグルイ 妄(みだり)1巻の感想です。

賭ケグルイのスピンオフです。

ギャンブルの強さがすべてを支配する百花王学園の美化委員長 生志摩 妄(いきしま みだり)が主人公。

ギャンブルの強さを競うこの学園において、妄が目指すものはリスク。

MがSを調教する漫画です。

賭ケグルイ 妄 1巻のあらすじ

賭ケグルイ 妄 1巻の表紙
目次

第1~8話 生志摩 妄という女 1~8
第9~15話 巣食う女 1~7

主人公は、生志摩 妄(いきしま みだり)。

百花王学園の美化委員長に就任します。

生徒会長から告げられたことは

「己の欲に従い励みなさい」

それだけです。

妄は、屋上で飛び降りる寸前の濡羽 綾女(ぬれば あやめ)と出会います。

彼女は、鳳 那々(おおとり なな)にギャンブルのカモにされ、1000万円の借金を背負わされていました。

妄は、綾女に提案します。

飛び降りるか飛び降りないかをギャンブルで決めようと・・・

飛び降りれば綾女の勝ち、飛び降りなければ妄の勝ち。

そして、妄は、綾女を突き落とすのでした。

賭ケグルイ 妄 1巻の見どころ

賭ケグルイ 妄 1巻の裏
賭ケグルイ 妄は、ギャンブル漫画ですが、ギャンブルの勝ち負けがメインではありません。

見どころは、妄のやりたいこと。

そして、妄と同じようにやばい綾女と美化副委員長の羽久斬 直愛です。

妄の求めるものは目が眩むほどのリスク

生志摩 妄は、賭ケグルイにも登場するやばい女です。

生徒会長にギャンブルで負け、自分の左目をくりぬいた彼女。

本編でも、主人公の蛇喰 夢子(じゃばみ ゆめこ)に絶望を求めて、嫌われます。

分かりやすいのが、第2~8話のハンド・ナイフ・トリックのギャンブル。

拡げた指の間をコンパスで突いていき、1分間でより多く往復ができた方が勝ちというギャンブル。

妄は、このギャンブルを提案して、自分の手を差し出します。

それだけでなく、失敗して、自分の手を刺した綾女に対して「真剣にやれ」とけしかけるのです。

妄の求めるものは目が眩むほどのリスク、ま、ドMです。

ドS覚醒する綾女

ギャンブルに弱く、イカサマも見抜けず、1000万の借金を背負わされ、カラダを売ることを強要されるのが綾女ですが、妄と出会うことで、ドS覚醒します。

ハンド・ナイフ・トリックで、妄の手を刺してしまった綾女

「ごめんなさい」
と言う綾女

「止めんな!」
「死ぬ気でやれっつったろ」
「まともに死ぬことも出来ねぇから、てめえはクズなんだよ」
と妄

それで、綾女はキレます

で、すごいスピードでハンド・ナイフ・トリックを行います。

妄の手をグサグサ差しながら・・・

妄にS調教される女、それが綾女です。

ツンデレがすごい美化副委員長 直愛

実質的に、美化委員を仕切っているのが、羽久斬 直愛です。

好き勝手に行動、委員会の資金を使い込む妄に対し、しっかり者の直愛。

綾女の入会と妄の追放を賭けてのギャンブル「カード当て」では、綾女を追い込みます。

ただ、綾女のまったくの運任せの作戦で負ける直愛。

どうあっても勝てず、絶対に認めたくない妄・・・

それでも直愛は、妄を懸想しているのです。
※懸想・・・恋したうこと

賭ケグルイ 妄 1巻の感想

賭ケグルイも狂ったギャンブル漫画ですが、さらに狂っているのが妄です。

ギャンブル漫画でなく、百合のSM漫画になっています。

漫画の核となるのが、綾女のSとしての成長ですね。

前半の敵が、鳳 那々です。

彼女は、綾女にカラダを売って、借金を返させようとする性悪女。

ただ、その那々をして、

「こいつら・・・、おかしいよ・・・」

と言わせ、

直愛とのカード当てのギャンブルでも、15億をかけたギャンブルで

「人の金ですから・・・」

と言います。

綾女の成長がヤバイですね。

まとめ

賭ケグルイ 妄 1巻の作者の言葉
賭ケグルイ 妄は、わたしの大好きな漫画です。

本編の賭ケグルイも、脚本が秀逸ですが、妄はゾクゾクします。

ドMの妄が、調教して、綾女がそれに応える

狂った漫画です!

RELATED POST