マンガ

【読んでほしい漫画】ガンニバル※かまいたち山内おすすめ!食人ホラー

ガンニバル

かまいたちの山内がアメトークのマンガ大好き芸人や、マンガ沼で何度も紹介している漫画がガンニバルです。

漫画ゴラク連載のホラー漫画。

食人をテーマにした和風ホラーで、怖い漫画なのですが、それ以上に、謎に引き込まれる良質なミステリーです。

created by Rinker
¥544
(2021/10/17 09:32:09時点 Amazon調べ-詳細)

ガンニバルはこんな作品:1巻のあらすじ

ガンニバル1巻
主人公は、山間の村「供花村(くげむら)」に赴任してきた駐在の阿川大悟です。

前の駐在が謎の失踪をとげ、代わりに一家で越してきた阿川大悟。

村人は、最初はあたたかく迎えてくれますが、後藤銀という老婆の死から、事態が変わっていきます。

熊に殺されたという後藤銀ですが、おかしな噛み傷がありました。

そこで、大悟は、前の駐在が触れまわっていた事を思い出します。

「供花村の人々は、人を食っている」

後日、後藤銀の葬式が行われます。

村に古くから伝わる布で顔を隠して、山に遺体を弔う方法。

そこに前の駐在の娘、加納すみれが現れます。

彼女は、遺体が入った桶を倒します。

すると、中には何もありません。

怒る村人たち。

ただ、一人の大男の「オマエ・・・ラ、ヤメトコ」という言葉で静まります。

加納すみれを家に送る途中、すみれから忠告されます。

「後藤家には何かある」

後藤家に捜査に行く、大悟。

そこで、後藤家から告げられます。

後藤家のことは、「あの人」が決める。

そして、大悟は、謎の男に襲われるのです。

ガンニバルのみどころ

ガンニバルの見どころは、終わらないミステリーです。

新しい謎が登場して、それが解決すると思いきや、また新しい謎が登場します。

過去にも物語はさかのぼり、まともに見えた人物がまともじゃなく、まともじゃないと思った人にも理由があります。

後藤家

ガンニバルの物語の要となるのが後藤家です。

供花村を古くから治める領主のような存在の後藤家。

村のことは、すべて後藤家が決めるとし、ほかの村人もそれに従っています。

そして、後藤家の歴史がガンニバルの全てです。

後藤家の人々は、後藤家のシステムを守るため、非合法なことを平気で行います。

駐在の大悟に、平気で猟銃を向けたり、大悟の奥さんや娘を監禁するような真似をしたり。

ただ、それを行わないと守れない何かがあります。

あの人

かまいたち山内が、テレビで良く言う「おじいちゃんがウワァーー!」のおじいちゃんがあの人です。

後藤家の象徴とも言える、あの人。

あの人を守る?ために、後藤家は存在しています。

ちなみに10巻まで進んでいますが、まだあの人の存在は完全には分かっていません。

あの人が誰の子供かは分かるんですけどね。

村人もおかしい

後藤家だけがおかしいようですが、ほかの村人も普通ではありません。

後藤家に目をつけられないように村八分にならないように・・・

後藤家と戦うために・・・

村人もやっかいな存在です。

主人公「大悟」も普通ではない

この漫画、まともな人が、基本的に出てきません。

主人公の大悟も駐在ですが、山間の村に赴任してきた理由があります。

普通の人なら逃げ出すこの村の謎をとくため、助けるために、狂います。

とても怖い

食人がテーマだけに、アニメや実写は難しいくらいな描写が出てきます。

しかし、それ以上に怖いのが、後藤家の歴史です。

10巻になり、後藤銀のひととなりが明らかになりますが、とても怖いです。

ファンタジーのような内容ですが、実話でもありそうな怖さがあります。

まとめ:ミステリー好きにおすすめの大人の漫画

漫画ゴラク連載だけに、大人に読んで欲しいミステリー漫画です。

子供には分からない、理解しづらい、とても怖い内容です。

金田一耕助シリーズなどでおなじみの横溝正史の小説が好きな人ならハマる漫画です。

内容と題材がきつい話なので、アニメやドラマ化は難しいと思います。

ぜひ、漫画で読んでください。

→DMMブックスならガンニバル1巻を16ページまで試し読みできる

created by Rinker
¥544
(2021/10/17 09:32:09時点 Amazon調べ-詳細)